カード探し

ポケモンカードやPTCGOなどの記事を書いてます。旧名:方法探し

サン&ムーン プロモカードパック第3弾の収録カード情報まとめ

スポンサーリンク

「サン&ムーン プロモカードパック第3弾」の収録カード情報をまとめました。
ポケモンカードジムバトルの景品として入手することができます(2017年12月1日(金)~なくなり次第終了)。

 

フィオネ

f:id:shirohatakawaki:20180624182216j:plain

特性 うみのささやき
このポケモンがいるかぎり、自分の水ポケモン全員はこんらんにならず、受けているこんらんは、すべて回復する。
ワザ 水水 みずのはどう 30
相手のバトルポケモンをねむりにする。
※サン&ムーン プロモカードパック第3弾限定(2018年6月時点)


こんらん限定の特性なので、あまり使われることはなさそうです。良いコンボカードが収録されればいいのですが…。

アローラライチュウ

f:id:shirohatakawaki:20180624182542j:plain

ワザ 雷 でんこうせっか 10+
コインを1回投げオモテなら、30ダメージ追加。
ワザ 雷無無 エレキサーフ 70
※サン&ムーン プロモカードパック第2弾に収録されているアローラライチュウのイラスト違い

ルクシオ

f:id:shirohatakawaki:20180624182615j:plain

ワザ 無 でんじしょうがい 30
次の相手の番、相手は手札からグッズを出して使えない。
※拡張パック「ウルトラムーン」に収録されているルクシオのイラスト違い

リオル

f:id:shirohatakawaki:20180624182703j:plain

ワザ 無 みきり
コインを1回投げオモテなら、次の相手の番、このポケモンはワザのダメージや効果を受けない。
ワザ 闘 ジャブ 10
※拡張パック「ウルトラムーン」や強化拡張パック「ウルトラフォース」に収録されているリオルのイラスト違い

アローラコラッタ

アローラコラッタ

ワザ 必要エネなし かしらをよぶ
自分の山札にある「アローラ ラッタ(GXをふくむ)」を1枚、相手に見せてから、手札に加える。そして山札を切る。
ワザ 無無 かじる 20
※サン&ムーン プロモカードパック第3弾限定(2018年6月時点)


『アローララッタ』の進化前は『アローララッタ』をサーチできる、この『アローラコラッタ』を採用することが多そうです。

アローララッタGX

アローララッタGX

ワザ 必要エネなし なげすてまくる 40×
自分の手札を2枚までトラッシュし、その枚数×40ダメージ。
ワザ 悪無無 ひっさつまえば 150
コインを1回投げウラなら、このワザは失敗。
GXワザ 必要エネなし グッズマニアGX
自分の山札にあるグッズを6枚まで、相手に見せてから、手札に加える。そして山札を切る。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]
※サン&ムーン プロモカードパック第3弾限定(2018年6月時点)

 

基本的にはあまり使われるポケモンではありません。
ですが、『ロトム』などと組み合わせてワザに必要エネルギーなしデッキを組むとエース級の活躍をします。エネルギー1枚も必要とせず120ダメージ与えられるのは強いですね。

ゾロアーク

ゾロアーク

ワザ 無無 はかいのツメ 30
コインを1回投げオモテなら、相手のバトルポケモンについているエネルギーを、1個トラッシュする。
ワザ 悪悪無 デスクラッシュ 120
このポケモンについている悪エネルギーを、1個トラッシュする。
※サン&ムーン プロモカードパック第3弾限定(2018年6月時点)

 

今までの『ゾロアーク(特性:なりかわるワザ:イカサマなど)』に比べたら少し弱めのカード。
ただ、サンムーン環境なら「ワザ:はかいのツメ」がなかなか厄介な技になるかもしれません。

アローラディグダ

アローラディグダ

ワザ 必要エネなし アイアンヘッド 10×
ウラが出るまでコインを投げ、オモテの数×10ダメージ。
※拡張パック「ウルトラサン」に収録されているアローラディグダのイラスト違い

ウルトラボール

ウルトラボール

効果

ウラになっている自分のサイドのオモテをすべて見る。その中にある「ウルトラビースト」を1枚、相手に見せてから、この「ウルトラボール」と入れ替えて、手札に加えてよい。見たサイドや入れ替えたカードはすべてウラにして切り、サイドとして置く。
※サン&ムーン プロモカードパック第3弾限定(2018年6月時点)

 

ウルトラビーストポケモンをサーチするのに便利なスタジアム『ウルトラスペース』があるので、今のところはあまり見かけないカード。
今後、ウルトラビースト中心のデッキ(ビーストボックス)がより研究された時に採用する時が来るかもしれません。