『アローラベトベトン』の効果と使い方の解説【ポケモンカード|ダークオーダーSM8a】

この記事では「ダークオーダー」収録の『アローラベトベトン』の効果と使い方を解説していきます。

アローラベトベトンの入手方法

「ダークオーダー」の収録カードリスト
『アローラベトベトン』は強化拡張パック「ダークオーダー」に収録されています。

アローラベトベトンの効果

アローラベトベトン

特性 いかものぐい
自分の番に、このカードを手札から出して進化させたとき、1回使える。相手の山札を上から6枚見て、その中にあるグッズを、好きなだけトラッシュする。残りのカードは山札にもどして切る。
ワザ 悪無無 ダストシュート 80
相手のバトルポケモンをどくにする。

特性 いかものぐい

このカードが発表された時ポケカ界隈がざわめきましたね。この特性「いかものぐい」は非常に強力。相手の山札を6枚見れるわ、さらにその中にあるグッズを好きなだけトラッシュできるというとんでもなさ。

サンムーン環境では今までよりサポートが弱めの性能なので、グッズが積極的に採用されてます。この特性が刺さらないデッキは現状少ないです。

ワザ 悪無無 ダストシュート 80

特性をメインとして使うのであまり使う機会はありませんが、ワザもそこそこのダメージを与えることができます。

アローラベトベトンと相性のいいカード

相性のいいポケモン

ダストダス

ダストダス

ポニータ石井さんも紹介されてましたが、この組み合わせは鉄板ですね。ワザ「ごみなだれ」は相手のトラッシュにあるグッズの数×20ダメージを与えることができるので、『アローラベトベトン』の特性でグッズを落とせば火力が上がります。

セレビィ♢

セレビィ♢

『セレビィ♢』のワザ「ときのひずみ」で退化させ、再び進化で特性をまた使うということが可能です。

アローラベトベトン

アローラベトベトン

もう一つの『アローラベトベトン』と一緒に使うのもありです。こちらの特性「かがくのちから」もたねポケモンの特性を止めるという強力な効果。相手のデッキ次第ではこちらを優先して使うことも考えられます。

アイアント 他山札を削る特性ワザを持つポケモン

アイアント
ドサイドン
マグカルゴGX

『アイアント』のワザ「やまかじり」は相手の山札を2枚トラッシュすることができます。他にも『ドサイドン』の特性「やまおろし」や『マグカルゴGX』のGXワザ「マッグバンGX 」など山札を削るポケモンと組みわせてライブラリーアウト(山札切れ)を狙うデッキを作ってみるのも面白いかもしれません。

相性のいいトレーナーズ

スーパーポケモン回収

スーパーポケモン回収

コインという運要素が入りますが、オモテが出れば再びアローラベトベトンを展開して特性を使うことができます。

アローラベトベターはどれを選ぶ?

強化拡張パック「ダークオーダー」でも『アローラベトベター』が登場するのでサンムーン環境では合計3種類になります。比べてみるとどれも長所があるので3つとも紹介していきます。

アローラベトベター コレクションムーン収録

「コレクションムーン」、再録として「GXバトルブースト」に収録された『アローラベトベター』。
唯一の超タイプで『ミステリートレジャー』でサーチすることができます。ワザ「どくのいき」は必要エネルギーなしでコインがオモテなら相手を「どく」にします。

アローラベトベター 闘う虹を見たか収録

アローラベトベター SM3H

「闘う虹を見たか」に収録された『アローラベトベター』。
悪タイプでワザ「ぶんれつ」は必要エネルギー無しで、自分の山札にある「アローラベトベター」を1枚、ベンチに出すことができる。

アローラベトベター ダークオーダー収録

アローラベトベター

今弾「ダークオーダー」収録の『アローラベトベター』。
悪タイプでワザ「ケミカルブレス」は無色エネルギー2つで20+相手の特殊状態の数×50ダメージ与えられることができる。『アローラベトベター』の中ではダメージを一番期待できるが、このカードだけHP70と低い。

どの『アローラベトベター』にも長所があるので、デッキ全体の構築次第で、使うカードを選択していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA