『ルガルガンGX(たそがれのすがた)』の効果と使い方の解説【ポケモンカード|GXウルトラシャイニーSM8b】

ルガルガンGX解説

この記事では「GXウルトラシャイニー」収録の『ルガルガンGX(たそがれのすがた)』の効果と使い方を解説していきます。

ルガルガンGX(たそがれのすがた)の入手方法

「GXウルトラシャイニー」の収録カードリスト
『ルガルガンGX(たそがれのすがた)』は強化拡張パック「GXウルトラシャイニー」に収録されています。

ルガルガンGX(たそがれのすがた)の効果と評価解説

ルガルガンGX

特性 トワイライトアイ
自分の番に、このカードを手札から出して進化させたとき、1回使える。相手のバトルポケモンについているエネルギーを、1個トラッシュする。
ワザ 闘無無 アクセルロック 120
GXワザ 闘 ラジアルエッジGX 30×
相手のトラッシュにあるエネルギーの枚数×30ダメージ。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]

特性 トワイライトアイ

進化したとき、相手のバトルポケモンについているエネルギーを1個トラッシュできる特性。

コイン表裏など運要素もなく、基本エネルギーでも破壊できるのはかなり強力。

また、エネルギーを破壊することで後述するGXワザ「ラジアルエッジGX」の威力も上げることが可能です。

あえて悪い点をあげるなら、相手のバトルポケモンのエネルギーしか指定できない部分なんですが、逆にベンチポケモン指定できたら強すぎるので仕方ないです。

これは欠点ではなく、ポケモンカードの環境を考えた当然の調整となりますね。

ワザ 闘無無 アクセルロック 120

ルガルガンGXRR

ルガルガンGX(まひるのすがた)と同じワザ名ですね。ワザのダメージは「120」と同じですが、たそがれのすがたではワザに必要なエネルギーが「闘無無」となっています。

これにより『ダブル無色エネルギー』対応となってかなり使いやすいワザとなってます。

また、闘タイプなので『こだわりハチマキ(+30)』『ディアンシープリズムスター(+20)』と組み合わせることで、HP170の『カプ・テテフGX』も倒せる圏内となります。

GXワザ 闘 ラジアルエッジGX 30×

相手のトラッシュにあるエネルギーの数×30ダメージを与えられるワザ。

闘エネルギー1枚というのがいいですね。進化してエネ貼ってすぐ攻撃ということができます。

序盤はあまりエネルギーがトラッシュに落ちることが少ないので、あまり威力は出ません。

ところが、終盤ではエネルギー回収手段が豊富でないデッキだとトラッシュにエネルギーが溜まっているので大きいダメージが期待できますね。

このGXワザの問題点としてあげられるのは相手のエネルギー採用数に左右される点。

ほとんどのデッキがエネルギー11枚前後、少ないデッキだとエネルギー4枚の場合もありますので、終盤なら必ずダメージを出せるというほど、安定はしませんね。

相手が警戒してエネルギー調整をした場合は諦め、無警戒の場合はフィニッシャーとして計算して運用するのが良さそうです。

ルガルガンGXと相性のいいカード

相性のいいポケモン

マッシブーンGX マッシブーン ジュカイン対策に

マッシブーンGXRR
マッシブーン
ジュカイン

『マッシブーンGX』『マッシブーン』は共に「ウルトラビースト」なので、特性「ネイチャーパワー」を持つ『ジュカイン』がとにかく厳しかった。

CL東京では「ウルトラビースト」が多く採用された『ズガドーンGX&アーゴヨン』のデッキに『ジュカイン』対策としてエネルギー破壊ができるサポート『プルメリ』が採用されていました。

その考え方で特性で草エネルギーを破壊できる『ルガルガンGX(たそがれのすがた)』を『マッシブーンGX』などと一緒に使うことが考えられます。

「マッシブーンGX&ルガルガンGX」デッキならたねポケモンの『イワンコ』が既に入っているので、1枚入れることは容易ですね。

ルガルガンGX

ルガルガンGXRR

『ルガルガンGX(まよなかのすがた)』と一緒に使うのがど定番になるような気がします。

『ルガルガンGX(まよなかのすがた)』も特性とGXワザ共に強力なので、相手は2種類のルガルガンGXを警戒しなければならないので非常に厄介だと思います。

メタモン◇ プリズムスター

メタモン♢

『メタモン◇』から進化させてエネルギー破壊も強力ですが、どちらかと言えばGXワザ目当てで評価してます。

相手も『イワンコ』が一枚も見えない状況ではトラッシュのエネルギーの枚数は無警戒になりがちなので、最後のフィニッシュとしてGXワザ「ラジアルエッジGX」を使うのも面白いと思います。

GXワザは1エネなので『レインボーエネルギー』や『ユニットエネルギー闘悪妖』で使用できますからね。

グレイシアGX ケッキング 特性封じ

グレイシアGXRR
ケッキング

GXポケモンの特性を封じられる『グレイシアGX』や相手の特性を封じ込む『ケッキング』も候補です。

特性使えない、エネルギーも破壊されるだと詰むデッキもありますからね。

相性のいいトレーナーズ

改造ハンマー クラッシュハンマー エネルギー破壊

改造ハンマー
クラッシュハンマー
デンジャラスドリル

特性でエネルギーを破壊できるので、グッズも使って2枚以上破壊していくのも強い動きです。

『改造ハンマー』『デンジャラスドリル』は特殊エネルギーしか破壊できないので、エネルギー破壊を軸として組むなら『クラッシュハンマー』が優先されると思います。

アセロラ スーパーポケモン回収での再利用

アセロラ
スーパーポケモン回収

『アセロラ』や『スーパーポケモン回収』で手札へ戻してからまた、進化させて特性を何回も使うというのも面白いです。

『ルガルガンGX(たそがれのすがた)』の対策・弱点

トラッシュからのエネルギー加速

ソルガレオGX
カラマネロ

ルガルガンGXはエネルギーをロストゾーンではなく、トラッシュ送りにしますので、『カラマネロ』や『ソルガレオGX』などの特性とワザでエネルギーをトラッシュから加速するデッキとは相性が悪いです。

『ルガルガンGX(たそがれのすがた)』の使い方まとめ

・既存の「ルガルガンGX&ゾロアークGX」や「マッシブーンGX&ルガルガンGX」などのデッキに1枚入れるなどが多くなりそうです。

タイミングを見計らって特性やGXワザを使えば大活躍しますね。

・もう一つ案としては『グレイシアGX』などと組んでの妨害軸やライブラリーアウトを狙うデッキ。

『グレイシアGX』で特性を封じながらエネルギー破壊する動きは相手としたら非常に厄介なので、候補となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA