『マサキの解析』の効果と評価、採用デッキを解説【ポケモンカード|サンダースGX/シャワーズGX/ブースターGX】

この記事では「雷のサンダースGX」などに収録の『マサキの解析』の効果と使い方を解説していきます。

マサキの解析の入手方法

スターターセット 雷のサンダースGX デラックスセット収録カードリスト
『マサキの解析』は「スターターセット 雷のサンダースGX デラックスセット」のブイズのスターターセットに収録されています。

スターターセット「雷のサンダースGX」
スターターセット「炎のブースターGX」
スターターセット「水のシャワーズGX」
にも収録されていますが、どのセットを買ったとしても1箱1枚しか封入されていないので、注意。

マサキの解析の効果

マサキの解析

効果
自分の山札を上から7枚見る。その中にあるトレーナーズを2枚まで、相手に見せてから、手札に加えてよい。残りのカードは山札にもどして切る。

『ジラーチ』や『トレーナーズポスト』を強化したような効果

ジラーチ
トレーナーズポスト

特性「ねがいぼし」の『ジラーチ』や『トレーナーズポスト』を強化したような効果です。

自分の山札の上7枚の中から上記のカードより1枚多い、2枚トレーナーズをサーチできるが、サポート権を消費してしまいます。

他に使いたいサポートが多いデッキではあまり採用されないカードとなりそうです。

現状では一番使いやすい「スタジアム」サーチサポート?

マキシ
ルチア

『マキシ』は手札を計3枚消費、『ルチア』はプリズムスターのスタジアムしかサーチできない。

これらのことを考えると『フウロ』がいない現状では一番「スタジアム」を引きやすいのかなと思います。

山札の上7枚しか確認できないので、安定はしないんですけどね。

『シロナ』や『エリカのおもてなし』などと比べるカードではない

シロナ
エリカのおもてなし

『マサキの解析』が弱いという評価をされる際に『シロナ』や『エリカのおもてなし』などと比較されるケースがあります。

弱いという評価は使うデッキなどによっては正しい認識だと思います。

ですが、『マサキの解析』は『シロナ』や『エリカのおもてなし』と比べるカードではないんですよね。

『マサキの解析』は効果を考えれば『シロナ』などの「ドローサポート」と言うより「サーチサポート」として評価するべきカードだと思います。

なので、比較するなら強みが被る『デンジ』や『マキシ』などの「サーチサポート」と比較してデッキへの採用を検討したほうが良いでしょう。

相性のいいカード

マグカルゴ

マグカルゴ

特性「じならし」で一枚は好きなトレーナーズを確実に引けるようになります。

『マサキの解析』採用のデッキレシピ

グランブル

既存のデッキで一番採用が考えやすいのは「グランブルデッキ」だと思います。

『マサキの解析』を使うことで、手札を上手く消費できるカードを選んでサーチできそうです。

今採用されている『ぼんぐり職人』の一部を『マサキの解析』に入れ替えることが考えられますね。

発売後、更新していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA