『カイリューGX』の効果と評価、相性のいいカードを解説【ポケモンカード|ミラクルツインSM11】

この記事では拡張パック「ミラクルツイン」収録の『カイリューGX』の効果と使い方を解説していきます。

『カイリューGX』の効果と評価解説

カイリューGX

ワザ 水雷無 ドラゴンクロー 130
ワザ 無無無無無 てんくうのさばき 270
このポケモンについているエネルギーを、3個トラッシュする。
GXワザ 無 マッハデリバリーGX
自分の手札が10枚になるように、山札を引く。のぞむなら、山札を引く前に、自分の手札を好きなだけトラッシュする。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]
ドラゴンタイプ 2進化 HP250
弱点:フェアリー 抵抗:なし 逃げエネ2

ワザ 水雷無 ドラゴンクロー 130

3エネ130ダメージの通常ワザ。

ワザ 無無無無無 てんくうのさばき 270

このポケモンについているエネルギーを、3個トラッシュする。

必要エネは5個と重いが、ほとんどのポケモンを倒せる270ダメージを出すことができる。

GXワザ 無 マッハデリバリーGX

自分の手札が10枚になるように山札を引く。望むなら、山札を引く前に自分の手札を好きなだけトラッシュする。

手札事故が起こらない限り、通常のカイリューGXデッキではあまり使う機会がない。

どちらかと言えば「ミュウツー&ミュウGX」で使いたいGXワザ。

『カイリューGX』と相性のいいカード

ミュウツー&ミュウGX

ミュウツー ミュウGX

進化の手間を考えたら「ミュウツー&ミュウGX」の特性「パーフェクション」で利用するのが楽。どのエネルギーを軸としたデッキでも270ダメージを警戒しなければならないのが非常に厄介。

ワタル◇

ワタル◇

条件はあるが、「ワタル◇」を利用すれば、進化の手間なく「カイリューGX」を場に出すことができる。

2体ドラゴンポケモンを出せるので、「カイリューGX」の補助として「カイリュー」を出すこともできる。

溶接工

溶接工

ワザ「てんくうのさばき」は全て無色エネルギーなので、炎エネルギー加速の「溶接工」を利用する手も考えられる。

トリプル加速エネルギー

トリプル加速エネルギー

進化ポケモン限定で1ターン無色エネルギー3つ分として機能する。

ワザ「てんくうのさばき」のデメリット効果、3エネトラッシュをこの「トリプル加速エネルギー」1枚で処理することもできる。

ポリゴンZ リサイクルエネルギー

ポリゴンZ
リサイクルエネルギー

「ポリゴンZ」の特性「クレイジーコード」で1ターンに複数の特殊エネルギーをつけることができる。

その際「リサイクルネルギー」をつければ、ワザ「てんくうのさばき」のデメリット効果を薄めることが可能。

2匹のカイリュー

カイリュー
カイリュー

「カイリューGX」と同じ進化ラインの2種のカイリュー。どちらも特性が優秀なので、使いたい方を1~2枚入れてみるのも悪くない。

クワガノン

クワガノン

特性「ストロングチャージ」で山札から草と雷エネルギーを1枚ずつ加速できる。

チルタリス

チルタリス

ワザ「ドラゴンクロー」のダメージ調整をしたいなら「チルタリス」がおすすめ。

特性「たたかいのうた」でドラゴンタイプのポケモンが使うワザのダメージを「+20」することができる。

『カイリューGX』の入手方法

『カイリューGX』は拡張パック「ミラクルツイン」に収録されています。
「ミラクルツイン」最新収録カードリストと最安通販予約情報まとめ

『カイリューGX』採用のデッキレシピ

カイリューGX【ポケカ大会優勝】カイリューGX(てんくうのさばき)のデッキレシピまとめ

随時更新。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA