『ハハコモリ』の効果と評価、相性のいいカードを解説【ポケモンカード|ミラクルツインSM11】

この記事では拡張パック「ミラクルツイン」収録の『ハハコモリ』の効果と使い方を解説していきます。

『ハハコモリ』の効果と評価解説

ハハコモリ

特性 おくるみテーラー
このポケモンがいるかぎり、自分の草ポケモン全員が、相手のポケモンから受けるワザのダメージは「-40」される。この効果は、この特性を持つポケモンが何匹いても、重ならない。
ワザ 草無 はっぱカッター 70
草タイプ 2進化 HP120
弱点:炎 抵抗:なし 逃げエネ1

特性 おくるみテーラー

このポケモンがいるかぎり、自分の草ポケモン全員が相手のポケモンから受けるワザのダメージを「-40」する。この特性と同じ特性は重ならない。

草ポケモンの耐久を上げる特性が登場。2進化ポケモンとなりますが「-40」はでかいですね。

『こだわりメット』や『エーテルパラダイス保護区』と合わせれば「-100」も狙えるので、耐久デッキの優秀なパーツとなりそうです。

ワザ 草無 はっぱカッター 70

2エネ70ダメージの通常ワザ。

『ハハコモリ』と相性のいいカード

モクロー&アローラナッシーGX

モクロー アローラナッシーGX

ワザ「スーパーグロウ」で後攻1ターン目から『ハハコモリ』をベンチに出すことができるので、最も優秀な相方と言えるでしょう。

セレビィ&フシギバナGX

セレビィ&フシギバナGX

『モクロー&アローラナッシーGX』と違ってワザによる進化ができないので、別のギミックが必要となる。

こだわりメット

こだわりメット

効果
このカードをつけているポケモンが、相手の「ポケモンGX・EX」から受けるワザのダメージは「-30」される。

対GX限定だが、受けるワザのダメージを「-30」する。非GXデッキが極端に増えない限り、『ハハコモリ』とセットで使うことになるでしょう。

炎デッキが環境に多い場合は『じゃくてんほけん』が優先されるかもしれません。

エーテルパラダイス保護区

エーテルパラダイス保護区

効果
おたがいの草または雷タイプのたねポケモンが、相手のポケモンから受けるワザのダメージは「-30」される。

草タイプのたねポケモンの耐久を上げることができる。『モクロー&アローラナッシーGX』や『セレビィ&フシギバナGX』と一緒に採用したい。

『ハハコモリ』の入手方法

『ハハコモリ』は拡張パック「ミラクルツイン」に収録されています。
「ミラクルツイン」最新収録カードリストと最安通販予約情報まとめ

『ハハコモリ』採用のデッキレシピ

随時更新。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA