『アーマルド』の効果と評価、相性のいいカードを解説【ポケモンカード|オルタージェネシスSM12】

この記事では強化拡張パック「オルタージェネシス」収録の『アーマルド』の効果と使い方を解説していきます。

『アーマルド』の効果と評価解説

アーマルド

ワザ 無無 エンシャントブラスト 20+
自分のトラッシュにある「なぞの化石」の枚数×50ダメージ追加。
ワザ 闘無無 マッハクロー 100
このワザのダメージは抵抗力を計算しない。
闘タイプ 2進化 HP150
弱点:草 抵抗:なし 逃げエネ2

ワザ 無無 エンシャントブラスト 20+

自分のトラッシュにある「なぞの化石」の枚数×50ダメージ追加、最大220ダメージ。

ちょっと前なら非常に扱いづらいワザ。今は《ポケモンけんきゅうじょ》があるので、《なぞの化石》を全てトラッシュしても後続の準備は可能。現実的に扱えるワザとなっている。

《なぞの化石》が複数サイド落ちしていると弱いという欠点があるので、サイドを入れ替えるカードもデッキに採用したい。

ワザ 闘無無 マッハクロー 100

3エネ100ダメージで、抵抗力を計算しない。その他の効果は普通に計算するので注意。

『アーマルド』と相性のいいカード

グラジオ ロトム図鑑

グラジオ
ロトム図鑑

《なぞの化石》が複数サイド落ちした時用に《グラジオ》などをデッキに採用しておきたい。

化石発掘マップ

化石発掘マップ

《なぞの化石》を山札からサーチすることができる。

ポケモンけんきゅうじょ

ポケモンけんきゅうじょ

《アーマルド》を主軸としたデッキなら必須となるスタジアム。このスタジアムの効果を使ったなら番は終わるが、場に《なぞの化石》から進化するポケモンを2体出すことができる。《アーマルド》の場合は《アノプス》を場に出すことができる。

ディアンシー◇

ディアンシー◇

特性「プリンセスエール」で自分の闘ポケモンが使うワザの、相手のバトルポケモンへのダメージを「+20」することが可能。

「オルタージェネシス」収録の《アーマルド》の進化ライン

アノプス

アノプス

ワザ 無無 むしくい 40
ワザ 闘無無 ツメできりさく 80
闘タイプ 1進化 HP90
弱点:草 抵抗:なし 逃げエネ1

なぞの化石

なぞの化石

効果
このカードは、HP60の無色タイプのたねポケモンとして、場に出すことができる。
自分の番の中でなら、場に出ているこのカードをトラッシュしてよい。
このカードは、にげられない。

『アーマルド』の入手方法

『アーマルド』《アノプス》は拡張パック「オルタージェネシス」に収録されています。
「オルタージェネシス」全収録カードリスト評価と最安通販予約情報まとめ

『アーマルド』採用のデッキレシピ

【ポケカ大会優勝】アーマルドのデッキレシピまとめ

随時更新。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA