『トゲピー&ピィ&ププリンGX』の効果と評価、相性のいいカードを解説【ポケモンカード】

この記事では『トゲピー&ピィ&ププリンGX』の効果と使い方を解説していきます。

『トゲピー&ピィ&ププリンGX』の効果と評価解説

トゲピー&ピィ&ププリンGX

ワザ 妖妖無 Rolling Panic 120+
ウラが出るまでコインを投げ、オモテの数×30ダメージ追加。
GXワザ 妖妖+ Supreme PuffGX
この番が終わったら、もう1回自分の番を始める。追加でフェアリーエネルギーが14個ついているなら、相手のベンチポケモンとついているすべてのカードを山札に戻して切る。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]
フェアリータイプ たねポケモン HP240
弱点:鋼 抵抗:悪 逃げエネ2

ワザ 妖妖無 Rolling Panic 120+

ウラが出るまでコインをなげ、オモテの数×30ダメージ追加。

運要素は絡むがとんでもないダメージが出せる可能性もある。1回オモテが出れば、《アーゴヨン&アクジキングGX》や《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》を弱点込みで倒すことができる。

GXワザ 妖妖+ Supreme PuffGX

この番が終わったら、もう1回自分の番を始める。追加でフェアリーエネルギーが14個ついているなら、相手のベンチポケモンをすべて山札に戻して切る。

ダメージは出ないものの、《ディアルガGX》のGXワザ「タイムレスGX」が手軽に使えるようになったバージョン。

GXワザ権を消費する必要はあるが、連続でターンをもらえるため、実質後攻1ターン目から2進化ポケモンを出すということが可能となる。相手が手札事故を起こして、バトル場にしかポケモンが出せなかった時などをも倒しやすくなる。

追加のフェアリーエネルギー14個はかなり厳しい条件となるが、決まればサイド差がいくらあろうと逆転をすることが可能となる。

『トゲピー&ピィ&ププリンGX』と相性のいいカード

マツリカ

マツリカ

後攻1ターン目からGXワザ「Supreme PuffGX」を使いたいなら、必須。中盤以降もエネ加速サポートとして活躍するので腐り札にはなりにくい。

アブリボン

アブリボン

特性「ふしぎなはおと」で《グズマ》や《プルメリ》などサポートによるバトル場への呼び出しやエネ破壊を防ぐことができる。

GXワザ「Supreme PuffGX」の追加効果を狙うならほぼ必須。ただし、特性やグッズによる効果は防げないので注意。

アローラベトベトン

アローラベトベトン

後攻1ターン目にGXワザ「Supreme PuffGX」が成功すれば、得られたターンですぐ進化して場に出すことができる。2ターン目からたねポケモンの特性が使えないのはかなり強力。

『トゲピー&ピィ&ププリンGX』の入手方法

『トゲピー&ピィ&ププリンGX』は海外での情報しか出ていません。大方の予想では拡張パック「オルタージェネシス」収録ではないか?と言われています。

※8月30日追記「オルタージェネシス」収録ではありませんでした。
「オルタージェネシス」全収録カードリスト評価と最安通販予約情報まとめ

『トゲピー&ピィ&ププリンGX』採用のデッキレシピ

随時更新。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA