『ズガドーン(デプスボム)』の効果と評価、相性のいいカードを解説【ポケモンカード|リミックスバウトSM11a】

この記事では強化拡張パック「リミックスバウト」収録の『ズガドーン(デプスボム)』の効果と使い方を解説していきます。

『ズガドーン(デプスボム)』の効果と評価解説

ワザ 超無 デプスボム
ダメカン4個を、相手のポケモンに好きなようにのせる。相手のサイドの残り枚数が3枚なら、のせるダメカンの数は12個になる。
超タイプ たねポケモン HP110
弱点:悪 抵抗:闘 逃げエネ2

ワザ 超無 デプスボム

ダメカン4個を相手のポケモンに好きなようにのせる。相手のサイドの残り枚数が3枚なら、のせるダメカンは12個。

通常時の効果はエネ2個要求の割に弱め。ただし、追加効果はかなり強力。

相手のサイド3枚という条件はTAGTEAMが1枚倒された時、非GX3枚倒された時など、幅広いデッキで条件を満たすことができる。

エネ2個も《ビーストリング》や《カウンターゲイン》を使えば1ターンで準備できるので、実用性の高いワザとなっている。

『ズガドーン(デプスボム)』と相性のいいカード

ルザミーネ◇

ルザミーネ◇

カウンターゲイン

カウンターゲイン

《レインボーエネルギー》や《ユニットエネルギー》+《カウンターゲイン》でワザ「デプスボム」を使うことができる。《のろいのおふだ》と同時に使えないという欠点はある。

のろいのおふだ

のろいのおふだ

《ズガドーン》につければ、相手のワザのダメージで倒された時、ダメカンを4個ばら撒くことができる。

ビーストリング

ビーストリング
ネストボール
ブルーの探索

他にも「ウルトラビースト」を採用している構築ならセットで採用できる。

また、《ブルーの探索》を使って、《ビーストリング》+《ネストボール(ウルトラスペース)》をサーチすれば、素早く《ズガドーン》の攻撃準備を整えることが可能。

カウンターエネルギー

カウンターエネルギー

ほとんどのゲーム展開でサイドレースが不利になるデッキなら、《カウンターエネルギー》の効果が使える前提での《ズガドーン》採用構築が考えられる。

カラマネロ

カラマネロ

既存の「ネクロズマ/カラマネロ」「ギラティナ/カラマネロ」「ウルトラネクロズマGX/カラマネロ」デッキに《ズガドーン》を採用すれば攻撃パターンの幅を広げることができる。

『ズガドーン』の入手方法

『ズガドーン』は強化拡張パック「リミックスバウト」に収録されています。
「リミックスバウト」最新収録カードリストと最安通販予約情報まとめ

『ズガドーン(デプスボム)』採用のデッキレシピ

随時更新。

ワザ「デプスボム」の由来はカクテル

デプス・ボム(デプス・ボン)とは、ショートドリンクに分類されるカクテルである。

正式名称は、デプス・ボム・カクテルだが、通常、デプス・ボムと省略するので、本稿でも、以降、デプス・ボムと記述する。

なお、カクテル名のデプス・ボムは、対潜水艦の爆弾(爆雷)を意味する。

このカクテル名には特にエピソードがあるわけではなく、ただ単に、アルコール度数が高い、いわゆる「強い酒」だというだけのことで、爆弾の名前が付けられたと言われている。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

由来を考えても「デプス・ボム」は《ズガドーン》にぴったりなワザ名ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA