『アクジキング』の効果と評価、相性のいいカードを解説【ポケモンカード|リミックスバウトSM11a】

この記事では強化拡張パック「リミックスバウト」収録の『アクジキング』の効果と使い方を解説していきます。

『アクジキング』の効果と評価解説

アクジキング

ワザ 悪 やまかじり
相手の山札を上から1枚トラッシュする。
ワザ 悪悪無無 レッドバイキング 120
このワザのダメージで、相手のポケモンがきぜつしたなら、サイドを1枚多くとる。
悪タイプ たねポケモン HP150
弱点:闘 抵抗:超 逃げエネ4

ワザ 悪 やまかじり

相手の山札を上から1枚トラッシュ。

山札を削る点で考えると《ダブル無色エネルギー》1枚で2枚削れる《アイアント》の方が優秀。

しかし、素のHPが150と高く、《ブラックマーケット◇》対応という利点もあるので、ライブラリーアウトで《アクジキング》を使う可能性も0ではない。

アイアント

ワザ 悪悪無無 レッドバイキング 120

このポケモンのワザのダメージで相手のポケモンがきぜつしたなら、サイドを1枚多くとる。

悪タイプでよく見るサイドを余分にとる追加効果。

少し前の《マニューラGX》の登場により、悪エネルギーがつけやすくなったので、悪タイプの非GXアタッカーとしては十分な性能。

メインターゲットは非GXたねポケモン

ジラーチ
マーシャドー
ミュウ

ワザ「レッドバイキング」の120ダメージでは《こだわりハチマキ》や《ククイ博士》、《ビーストエネルギー◇》などの補助がないとポケモンGXを倒すのは厳しい。

なので、非GXたねポケモンがメインターゲットとなる。

TAGTEAMデッキでもよく採用される《ジラーチ》《マーシャドー》などを倒してサイドを2枚とる動きが基本になりそうだ。

『アクジキング』と相性のいいカード

ルザミーネ◇

ルザミーネ◇

相手のサイドの残り枚数が3枚なら、自分の「ウルトラビースト」はダメージを受けないサポート。

《グズマ》を使ってベンチにある「ウルトラビースト」以外のポケモンを呼び出されれば、もちろんダメージを受けてしまう。

ですが、エネルギーがついてる《アクジキング》を高確率で守ることができるので、「ウルトラビースト」を軸としてないデッキでも採用の余地はある。

ブラックマーケット◇

ブラックマーケット♢

《アクジキング》に悪エネルギーがついていれば、倒されてもサイドをとられずに済む。

ビーストリング

ビーストリング

「ウルトラビースト」なので、《ビーストリング》を使うことができます。《ビーストリング》+《ダブル無色エネルギー》で出してすぐの攻撃が可能です。

ビーストエネルギー◇

ビーストエネルギー
こだわりハチマキ

《ビーストエネルギー◇》+《こだわりハチマキ》をつければ、ワザ「レッドバイキング」は180ダメージになり、《カプ・テテフGX》なども倒すことができるようになる。

マニューラGX/ガオガエンGX/アーゴヨン

マニューラGX
ガオガエンGX
アーゴヨン

ワザ「レッドバイキング」の必要エネは重めだが、《マニューラGX》がいるので、使うことが十分可能。

エネルギー供給は《ガオガエンGX》《アーゴヨン》《ダークライGX》などお好みのポケモンで。

『アクジキング』の入手方法

『アクジキング』は強化拡張パック「リミックスバウト」に収録されています。
「リミックスバウト」最新収録カードリストと最安通販予約情報まとめ

『アクジキング』採用のデッキレシピ

【ポケカ店舗優勝】アクジキング(レッドバイキング)のデッキレシピまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA