しんかのおこうの効果と評価、相性のいいカードを解説【スターターセットV】

この記事では「スターターセットV炎」などに収録されている《しんかのおこう》の効果と使い方を解説していきます。

《しんかのおこう》の効果と評価解説

しんかのおこう

効果
自分の山札から進化ポケモンを1枚選び、相手に見せて、手札に加える。そして山札を切る。

《タイマーボール》が「A」落ちするので、その代わりに登場したグッズ。

《タイマーボール》はコイン運が必要となるが、《しんかのおこう》は条件無しで進化ポケモン1枚を手札に加えることができる。

最大サーチ枚数は減ってしまうが、2連続のコインウラに絶望した人にとってはありがたいグッズとなる。

《シンカソーダ》との比較

シンカソーダ
アーケオス
《シンカソーダ》
効果
自分の場のポケモン1匹から進化するカードを、自分の山札から1枚選び、そのポケモンにのせて進化させる。そして山札を切る。(最初の自分の番と、この番出したばかりのポケモンには使えない。)
《アーケオス》(現在は禁止)
特性 げんしのちから
このポケモンがいるかぎり、おたがいのプレイヤーは、手札からポケモンを出して、進化させられない。)

エクストラ環境では似たような効果のグッズ《シンカソーダ》が存在する。

《シンカソーダ》の場合は山札から直接進化するので、《ふしぎなアメ》を使って2進化ポケモンを場に出す動きができない。そういった点から基本的には《しんかのおこう》の方が優れていることになる。

ただし、《アーケオス》特性「げんしのちから」(現在は禁止)のような手札からポケモンを出して進化する行為を封じるカード・ワザが登場した場合は《シンカソーダ》にも利点があるので注意。

(アーケオスが禁止じゃない頃は《シンカソーダ》《ミツル》などの山札から進化するカードの評価が今より少し高かった)

《しんかのおこう》と相性のいいカード

アローラキュウコンGX ふしぎなアメ

アローラキュウコンGX TAG TEAM GX タッグオールスターズ
ふしぎなアメ

《アローラキュウコンGX》の特性「ふしぎなみちびき」で、《ふしぎなアメ》と《しんかのおこう》をサーチすれば容易に2進化ポケモンを場に出すことができる。

今までは、《ハイパーボール》で進化ポケモンをサーチしていたので、手札の消費量が1枚減った。

※《ふしぎなアメ》はレギュレーションマーク「A」のカードなので、ソードシールドシリーズで再録されなければ、使えないコンボとなる。

《しんかのおこう》の入手方法

入手方法・収録パック
スターターセットV炎
スターターセットV水
スターターセットV5 コンプリートバトルセット
スターターセットV 5種アソート

「スターターセットV炎」などに収録されている。

《しんかのおこう》関連記事

【ポケカ】ソード・シールドシリーズ収録のグッズ一覧

《しんかのおこう》採用のデッキレシピ

随時更新。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA