『バクフーン』の効果と使い方の解説【ポケモンカード|超爆インパクトSM8】

『バクフーン』の効果と使い方の解説

バクフーン

特性 バーニングエナジー
自分の番に1回使える。この番の終わりまで、自分の場のポケモンについているエネルギーは、すべて炎エネルギーとしてあつかう。(新しく場に出したカードもふくむ。)
ワザ 炎炎炎炎 ロストフレイム 120
相手のバトルポケモンについているエネルギーを2個、ロストゾーンに置く。

  • 炎タイプ
  • 2進化ポケモン
  • HP160
  • 弱点:水
  • 抵抗力:なし
  • 逃げエネ2

 

『バクフーン』カード解説

特性 バーニングエナジー

自分の番に1回、この番の終わりまで、自分の場のポケモンについているエネルギーは、すべて炎エネルギーとしてあつかう。

なかなかおもしろい特性ですね。「基本」という指定はないので、『カウンターエネルギー』や『ダブル無色エネルギー』1枚で2つ分になるエネルギーも2つ分の炎エネルギーとなります。

また、常時ではなく選択して使える特性なので、特性を使用しなければ『レインボーエネルギー』などを別タイプのエネルギーとして使うこともできます。機転が利くのは地味に有り難い。

特性『バーニングエナジー』のQ&A

Q 

バクフーンの特性「バーニングエナジー」を使った後に、ポケモンにエネルギーをつけた場合、つけたエネルギーも炎エネルギーとしてあつかいますか?

A 

はい。
特性「バーニングエナジー」を使った後につけたエネルギーも炎エネルギーとしてあつかいます。

 


Q 

フシギバナの特性「みつりんのぬし」がはたらいているとき、バクフーンの特性「バーニングエナジー」を使いました。その場合、基本草エネルギーは炎エネルギー2個ぶんになりますか?

A 

いいえ、炎エネルギー2個ぶんにはなりません。
この場合、特性「バーニングエナジー」の効果で、基本草エネルギーは、すべて炎エネルギーとしてあつかうため、特性「みつりんのぬし」の効果がはたらかなくなることから、炎エネルギー1個ぶんとしてあつかいます。

 


Q 

自分の場のポケモンに「レインボーエネルギー」がついているとき、バクフーンの特性「バーニングエナジー」を使った場合、「レインボーエネルギー」は、すべてのタイプのエネルギーとしてはたらきますか?

A 

いいえ、はたらきません。
この場合、「レインボーエネルギー」は炎エネルギーとしてはたらきます。

 

ワザ 炎炎炎炎 ロストフレイム 120

追加効果で、相手のバトルポケモンについているエネルギーを2個、ロストゾーンに置く。

4エネ必用で120ダメージと火力は低いが、相手のバトルポケモンについているエネルギーを2個もロストゾーン送りにできるのは強力。

基本的には特性「バーニングエナジー」目当てで場に出すポケモンなので、サブワザとしては十分な性能となります。

 

拡張パック「超爆インパクト」のカードリストと最安通販予約情報まとめ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA