【PTCGO】Standard環境で流行しているデッキまとめ

スポンサーリンク

PTCGOのスタンダード環境で流行っているデッキの型をまとめました。

 

ダストダス軸 ジジダスト

f:id:shirohatakawaki:20170613134307j:plain

ダストダスは海外でも流行している。相棒はエーフィGX、草オーロットなどもいるが、一番多いのはジジーロンGXを入れている型。

どのデッキを作るにしてもグッズを減らすことを考えないといけない、ダストダスを中心とした環境となっている。

メタグロスGX軸

f:id:shirohatakawaki:20170613134324j:plain

海外のスタンダードでは日本と違い鍛冶屋が使えないのでボルケニオンなどの炎タイプのデッキが少ない。そのためこのメタグロスGXが一定の評価をされている。

ダークライEX軸

f:id:shirohatakawaki:20170613134340j:plain

日本みたいにダークライGXはいないが、学習装置でエネルギーをまわしたり、このレシピのようにハクリューでエネルギー加速をする型が評価されている。

ゲッコウガ軸

f:id:shirohatakawaki:20170613134357j:plain

SM2「Guardians Rising」が発売されまでは特性ロックをするダストダスの道具を外す手段がほぼなく使う人が減少していたが、フィールドブロアーの登場で再び数が増えてきました。

また今は以前よりファイアローを入れない型も増えています。

アロコンジュナ

f:id:shirohatakawaki:20170613134448j:plain

アローラキュウコンGX、ジュナイパーGXでベンチを狙撃し、進化ポケ相手ならエーフィEXで剥がしていくデッキ。

ラフレシア軸

f:id:shirohatakawaki:20170613134508j:plain

PTCGOのスタンダードではオーロット、ガマゲロゲEXが落ちてるので唯一使えるグッズロック、ラフレシアを主体としたデッキ。

このレシピみたいにジュナイパーと組み合わせる以外にもラランテスと組んだり、WTBに入れるケースもある。

逆襲ギャラドス

f:id:shirohatakawaki:20170613134547j:plain

とある大会から爆発的に増えた逆襲ギャラドスは今も形を変えながら健在。環境やメタの流れでこのレシピで言うゴーリキーや一部グッズの枚数を調整しながら、今後も生き残っていきそう。

ラプラスGX軸 WTB

f:id:shirohatakawaki:20170613134610j:plain

ラプラスGXを中心としたデッキ。SM1環境ではラプラスGX+ソーナンスで妨害カードを多く入れた型が主流でした。ところがSM2でアクアパッチが登場したので、妨害よりは早い段階で攻撃していく型が増えました。

ビークインゾロアーク

f:id:shirohatakawaki:20170613134629j:plain

SM2でオドリドリなどが登場したものの、直近の大会でビークインを軸としたデッキが結果を残しました。スタンダードではコンプレッサーなどが使えないけど、メタの流れの隙きを突きたびたびビークインは上位に入賞しますね。

ボルケニオン軸

f:id:shirohatakawaki:20170622100442j:plain

鍛冶屋が使えないので日本ほど爆発的に存在しませんが、一定数存在します。

メガサーナイト軸

f:id:shirohatakawaki:20170613134720j:plain

メガサーナイトEXを中心としたデッキ。シニアの方で一定の結果を残したデッキ。

メガレックウザ軸

f:id:shirohatakawaki:20170613134743j:plain

メガレックウザを軸としたデッキ。ウソッキーを入れるデッキがわりといるため、以前よりは厳しいが、まだまだ使う人はいます。

このレシピはシンプルですが、ダストダスをねじ込んだ面白い型を使う人もいたりします。

カプ・ブルルGX軸

f:id:shirohatakawaki:20170622100604j:plain

​カプ・ブルルGXを軸としたデッキ。このデッキはクワガノンでエネルギーを加速するタイプだが、ラランテスで加速する型もある。

ニンフィアGX軸

f:id:shirohatakawaki:20170613134905j:plain

ニンフィアGXを軸としたニンフィアLO、ニンフィアコントロールデッキ。SM2が出た当初はたくさん対戦することになったが、今はかなり減りました。

強いけど、勝つにしろ負けるにしろ時間がかかるのがネック。

バクフーン軸

f:id:shirohatakawaki:20170613134919j:plain

流行っているというほどではありませんが、安いし、ロマンあるし、ネタと言いきれないほどの火力が出るのでたまーにこのバクフーンとあたります。

また、SM2で追加したレスキュータンカがなかなかいい仕事してくれて以前よりまわしやすくなりました、

まとめ

一通りまとめましたが、一部のレシピはガチ勢のものではないですし、その時の環境次第のカードを入れてるレシピもあるため、参考にする際は自分が使いやすいように微調整をお願いします。

ちょくちょくこの記事を修正していくつもりですが、大きく更新する日程は8月のSM3発売後と9月のスタンダードのカードプール変更時となります。

 

PTCGO攻略記事まとめ