『ウルトラネクロズマGX+カラマネロデッキ』解説【ポケモンカード|SMレギュ】

『ウルトラネクロズマGX+カラマネロ』デッキレシピ

f:id:shirohatakawaki:20180818144222j:plain

デッキを表示 | ポケモンカードゲーム公式ホームページ

『ウルトラネクロズマGX』や『ネクロズマあかつきのつばさGX』などのアタッカーを『カラマネロ』の特性でサポートする通称「ウルネクデッキ」を今回はご紹介していきます。

『ウルトラネクロズマGX+カラマネロデッキ』採用カード一覧

ポケモン
ウルトラネクロズマGX3
ネクロズマあかつきのつばさGX2
ツンデツンデGX1
ルナアーラ♢1
レジスチル(SM7)1
カラマネロ3
マーイーカ4
カプ・テテフGX2
サポート
シロナ4
リーリエ3
ロケット団のいやがらせ1
グズマ3
グッズ
ハイパーボール4
ミステリートレジャー4
ビーストリング2
レスキュータンカ1
フィールドブロアー1
こだわりハチマキ2
ダートじてんしゃ2
スタジアム
月輪の祭壇2
エネルギー
基本鋼エネルギー4
基本超エネルギー9
ビーストエネルギー1

『ウルトラネクロズマGX+カラマネロデッキ』のゲームプラン

『ウルトラネクロズマGX』や『ネクロズマあかつきのつばさGX』などのメインアタッカー、『ルナアーラ♢』や『ツンデツンデGX』などのサブアタッカーで攻めていくシンプルなデッキです。

どのポケモンもワザに使う必要エネルギーが多いので、『カラマネロ』の特性「サイコリチャージ」でエネルギーを補充していきましょう。

序盤は出来るだけ早く『カラマネロ』に進化させて、『基本超エネルギー』をトラッシュに送ることが基本的な動きとなります。

中盤以降は『カラマネロ』でエネルギーを加速しながら、一番ダメージを出しやすい『ウルトラネクロズマGX』で攻めていき、状況に応じて『ネクロズマあかつきのつばさGX』や『ルナアーラ♢』を使いましょう。

『ツンデツンデGX』や『レジスチル』は相手のデッキ次第で使うカードです(注目カードで用途を紹介します)。安易に場に出さず、相手に刺さるかどうかを考えてから場に出していくと勝ちやすくなると思います。

『ウルトラネクロズマGX+カラマネロデッキ』の注目カード

ウルトラネクロズマGX

ウルトラネクロズマGX

ワザ 超鋼 フォトンゲイザー 20+
このポケモンについている基本超エネルギーをすべてトラッシュし、その枚数×80ダメージ追加。
GXワザ 超鋼 めつぼうのひかりGX
このワザは、おたがいのサイドの残り枚数の合計が、6枚以下のときにしか使えない。相手のポケモン全員に、それぞれダメカンを6個のせる。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]

※拡張パック「禁断の光」収録

超エネルギーをトラッシュするというデメリットがあるとは言え、1枚捨てるだけで100ダメージ、3枚捨てれば260ダメージ出せるのは化物です。

デメリットも『カラマネロ』を上手く使えば補うことができます。

ネクロズマあかつきのつばさGX

ネクロズマあかつきのつばさGX

特性 インベイジョン
このポケモンがベンチにいるなら、自分の番に1回使える。このポケモンを自分のバトルポケモンと入れ替える。
ワザ 超超超 やみのせんこう 120
このワザのダメージは抵抗力を計算しない。
GXワザ 超超超 イクリプスムーンGX 180
このワザは、自分のサイドの残り枚数が、相手より多いときにしか使えない。次の相手の番、このポケモンはワザのダメージや効果を受けない。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]

※拡張パック「ウルトラムーン」収録

2枚目の主力アタッカー、安定した中打点が期待できます。特性でベンチからバトル場に出すことができるので、相手の『グズマ』で呼び出されて盤面ロックなんてこともされにくく、『カラマネロ』の特性を使うためにバトル場のポケモンをベンチへ移動なんてこともできます。

ツンデツンデGX

ツンデツンデGX

特性 ウルトラウォール
このポケモンがいるかぎり、自分の「ウルトラビースト」全員が、相手のポケモンから受けるワザのダメージは「-10」される。
ワザ 鋼鋼無 ギガトンスタンプ 120
GXワザ 鋼鋼無 レイGX 50+
自分がすでにとったサイドの枚数×50ダメージ追加。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]

※拡張パック「裂空のカリスマ」収録

特性で「ウルトラビースト」ポケモンの相手から受けるダメージを「10」減らすことができます。

最近は『マッシブーンGX』や『ゼラオラGX』、『ホワイトキュレム』などの160ダメージを出せるポケモンが多く、『こだわりハチマキ』をつければ190ダメージを出すことができます。この190ラインの攻撃により『ウルトラネクロズマGX』も一撃で倒されてしまいます。それを防ぐためにこの『ツンデツンデGX』が採用されています。

相手のデッキを見て、このダメージずらしに意味がありそうなら場に出していきましょう。

ルナアーラ♢

ルナアーラ♢

ワザ 超 フルムーンスター
自分のトラッシュにある超エネルギーを、相手の場のポケモンの数ぶん、自分のポケモンに好きなようにつける。
ワザ 超超超超 サイコストーム 20×
おたがいの場のポケモンについているエネルギーの数×20ダメージ。

※拡張パック「ウルトラムーン」収録

上ワザ「フルムーンスター」ではエネルギー加速ができ、下ワザ「サイコストーム」では大ダメージが期待できる便利なポケモン。非GXなので『フーパ』対策にもなります。

レジスチル

レジスチル

特性 かたいからだ
このポケモンが受けるワザのダメージは「-20」される。
ワザ 鋼無無 シルバーフィスト 60+
相手のバトルポケモンが特性を持っているなら、60ダメージ追加。

※拡張パック「裂空のカリスマ」収録

『ウルトラネクロズマGX』の弱点となるフェアリーポケモン対策カードです。

『サーナイトGX』『アローラキュウコンGX』『グレイシアGX』などを1撃で倒すことができます。また、『フーパ』や『アローラキュウコン』などのGXからダメージを受けない特性持ちポケモンも狩ることができます。

カラマネロ

カラマネロ

特性 サイコリチャージ
自分の番に1回使える。自分のトラッシュにある超エネルギーを1枚、ベンチポケモンにつける。
ワザ 超超無 ねんどうだん 60

※拡張パック「禁断の光」収録

このデッキの要。『カラマネロ』の特性によるエネルギー加速がないとなかなか上手く回らないので、2体は場に出したいですね。

『ウルトラネクロズマGX+カラマネロデッキ』の入れ替えカード候補

ギラティナ♢

ギラティナ♢

特性 カオティックスター
自分の番に、このカードを手札からベンチに出したとき、1回使える。自分の手札にある超エネルギーを2枚、このポケモンにつける。
ワザ 超超超超 クライシスダイブ 160
このポケモンについているエネルギーを、2個トラッシュする。

※拡張パック「ウルトラムーン」収録

超エネルギー対応の160ダメージ出せる非GXたねポケモン。サブアタッカー候補の一つに。

ミミッキュ

ミミッキュ

ワザ 無 くすねる
自分の山札を2枚引く。
ワザ 超無 まねっこ
前の相手の番に、相手のポケモンがワザ(GXワザをのぞく)を使っていたなら、そのワザをこのワザとして使う。

※拡張パック「アローラの月光」、ハイクラスパック「GXバトルブースト」などに収録

下ワザ「まねっこ」で相手の使うポケモン次第では大ダメージを出すことができます。序盤は上ワザ「くすねる」でドローする動きも悪くないです。

喰いつくされた原野

喰いつくされた原野

効果
おたがいの悪またはドラゴンポケモンが使うワザの、相手のバトルポケモンへのダメージは「+10」される。

※拡張パック「超次元の暴獣」、強化拡張パック「ドラゴンストーム」などに収録

『ウルトラネクロズマGX』の火力をあげられるので、候補の一つに。一応『こだわりハチマキ』がついてなくても超エネルギー2枚捨てで180+10の190ダメージを出すことができるようになります。

ともだちてちょう

ともだちてちょう

効果
自分のトラッシュにあるサポートを2枚、相手に見せてから、山札にもどして切る。

※拡張パック「ウルトラサン」収録

『ハイパーボール』や『ミステリートレジャー』、『ダートじてんしゃ』をたくさん積む場合、サポートをトラッシュに捨てる機会が多くなるので、サポート回収カードを入れるのも悪くないです。

ユニットエネルギー雷超鋼

ユニットエネルギー雷超鋼

効果
このカードは、ポケモンについているかぎり、雷超鋼の3つのタイプのエネルギー1個ぶんとしてはたらく。

※拡張パック「ウルトラムーン」、強化拡張パック「ウルトラフォース」収録。

特殊エネルギーなので破壊されやすいというデメリットはありますが、超にも鋼にもなるので便利です。

コメント