VMAXライジング 収録カードリスト評価 予約最安情報

2020年2月7日(金)に発売されるポケモンカードの強化拡張パック「VMAXライジング」の収録新カード情報、最安予約情報をまとめました。

強化拡張パック「VMAXライジング」基本情報

強化拡張パック「VMAXライジング」発売日

2020年2月7日(金)発売

強化拡張パック「VMAXライジング」希望小売価格

150円+税

強化拡張パック「Vライジング」商品解説

全70種+???

エクスパンションマークは「S1a」

強化拡張パック「VMAXライジング」最安通販予約情報

駿河屋 ポケモンカードゲーム ソード&シールド 強化拡張パック VMAXライジング

Amazon ポケモンカードゲーム ソード&シールド 強化拡張パック「VMAXライジング」 BOX

楽天 ポケモンカードゲーム ソード&シールド 強化拡張パック VMAXライジング

Yahoo ポケモンカードゲーム ソード&シールド 強化拡張パック VMAXライジング

1月8日時点、送料込みで駿河屋が20% OFFで最安です。駿河屋、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングで予約受付中。

強化拡張パック「VMAXライジング」注目収録カード

ウインディ

ウインディ

特性 ウォームアップ
このポケモンに「燃えるスカーフ」がついているなら、このポケモンの最大HPは「100」大きくなる。
ワザ 炎炎無 ほのおのたてがみ 130
炎タイプ 1進化 HP130
弱点:水 抵抗:なし 逃げエネ2

ゴリランダーVMAX

ワザ 無 ひっかく 50
ワザ 草草草無 ダイレンダ 130+ 
のぞむなら、このポケモンについている草エネルギーを3枚まで選び、トラッシュする。その場合、トラッシュした枚数×50ダメージ追加。
草タイプ V進化 HP330
弱点:炎 抵抗:なし 逃げエネ3

ゴリランダーV

ワザ 草 もりのうたげ
自分の山札にある草タイプのたねポケモンを2枚まで、ベンチに出す。そして、山札を切る。
ワザ 草草草無 ウッドハンマー 220
このポケモンにも30ダメージ。
草タイプ たねポケモン HP220
弱点:炎 抵抗:なし 逃げエネ3

エースバーンVMAX

ワザ 炎無 カウンター 30+
前の相手の番に、このポケモンが受けたワザのダメージと同じダメージ追加。
ワザ 炎炎無 ダイカエンダマ 170
相手のバトルポケモンをやけどにする。
炎タイプ V進化 HP320
弱点:水 抵抗:なし 逃げエネ2

ワザ「カウンター」は、このポケモンが前の相手の番に受けたワザのダメージ+30ダメージ与えるワザ。

《エースバーンVMAX》のHPが320と一回の攻撃で倒されにくい耐久を持っているので、200後半の大ダメージを与えられても耐えしのぎ、返しのワザ「カウンター」で倒すという事が可能。

また、《レシラム&リザードンGX》のワザ「げきりん」などと違ってダメカンを維持する必要はないので、《すごいきずぐすり》で回復、《溶接工》で再びエネルギーをつけて、反撃というような動きもできる。

ワザ「ダイカエンダマ」は3エネ170ダメージ+やけど、実質190ダメージ+残ったやけどのダメージを与えるワザ。

手札からのエネと《溶接工》の2エネで使えるので、準備に手間はあまりかからない。

エースバーンV

特性 フィールドランナー
場にスタジアムが出ているなら、このポケモンのにげるためのエネルギーは、すべてなくなる。
ワザ 炎炎無 ぐれんきゃく 140
炎タイプ たねポケモン HP210
弱点:水 抵抗:なし 逃げエネ2

特性「フィールドランナー」の効果で場にスタジアムが出ている時は、逃げるために必要なエネルギーが全てなくなる。

炎タイプのデッキには《巨大なカマド》や《ヒートファクトリー◇》など優秀なスタジアムがあり、相手が出したスタジアムでも特性の効果が適用されるので、多くの場面で逃げ0ポケモンとして扱うことができる。

ワザ「ぐれんきゃく」は3エネ140ダメージの通常ワザ。他の炎タイプのたねGX・Vと比べても弱めなので、アタッカーとして使う時は進化させるのが前提となるだろう。

インテレオンVMAX

ワザ 水 ハイドロスナイプ 60
のぞむなら、相手のバトルポケモンについているエネルギーを1個選び、相手の手札にもどす。
ワザ 水水無 ダイバレット 160
相手のベンチポケモン1匹にも60ダメージ。[ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。]
水タイプ V進化 HP320
弱点:雷 抵抗:なし 逃げエネ2

ワザ「ハイドロスナイプ」は相手のバトルポケモンについているエネルギーを相手の手札に戻すことができる。《エール団のしたっぱ》などと使えば時間稼ぎにはなる。

ワザ「ダイバレット」はバトル場に160ダメージ、ベンチに60ダメージ与えることができる。ベンチはHP60以下の進化元となるたねポケモンを倒したり、《ガラルジグザグマ》や《ギラティナ》の特性で事前に10ダメージ飛ばしておけば、《ジラーチ》なども倒すことができる。

基本的には水エネ加速ができる特性「ひょうせつのまい」を持つ《モスノウ》と組むことになるだろう。

CL愛知の優勝デッキが《ピカチュウ&ゼクロムGX》だったこともあり、「ピカゼクデッキ」が一定数存在する現環境は、雷弱点の《インテレオンVMAX》にとって若干向かい風となっている。

インテレオンV

ワザ 水 ねらいうち
相手のポケモン1匹に、40ダメージ。[ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。]
ワザ 水水無 アクアリポート 130
相手の手札を見る。
水タイプ たねポケモン HP200
弱点:雷 抵抗:なし 逃げエネ2

ワザ「ねらいうち」は《ガブリアス&ギラティナGX》のワザ「ちょくげきだん」と同じく、1エネで自由に40ダメージを飛ばすことができる。

高HPが多いTAGTEAMGX・VMAX環境では調整として馬鹿にできないダメージであり、《リーリエのピッピ人形》《メタモン◇》なども一撃で倒すことが可能。

ワザ「アクアリポート」は130ダメージ与えながら相手の手札を確認することができるが、すぐ相手のターンになるので、確認自体にメリットはあまりない。また、弱点をついてもこのワザだけでは《レシラム&リザードンGX》を倒せないのが残念。

ターフスタジアム

ターフスタジアム

効果
おたがいのプレイヤーは、自分の番ごとに1回、自分の手札から草タイプの進化ポケモンを1枚選び、相手に見せて、手札に加えてよい。そして山札を切る。

ポケモン剣盾で「ヤロー」がジムリーダーのスタジアム《ターフスタジアム》がカード化。

毎ターン、草タイプの進化ポケモンを1枚サーチできるという効果をもつ。

草タイプのたねポケモンをサーチできない、機転の利かなさがある反面、対戦相手に利用されにくいというメリットはある。(たまにピン刺しなどされる《カミツルギ》や《フェローチェ&マッシブーンGX》のサーチを防ぐことができる。)

今回登場した《ゴリランダーVMAX》や《ゴリランダー》《メガニウム》などの草タイプデッキや《ポポッコ》が採用される「ロストマーチ」デッキなどでの採用が考えられる。

燃えるスカーフ

燃えるスカーフ

効果
このカードをつけている炎ポケモンが、バトル場で相手のポケモンからワザのダメージを受けたとき、ワザを使ったポケモンをやけどにする。

サンムーンで登場した《どくバリ》の「やけど」バージョン。

《こだわりハチマキ》などの手軽な火力アップや《フィールドブロアー》などの手軽などうぐ破壊がカードプールにないので、炎デッキの火力調整として採用される可能性がある。

《どくバリ》と違って、炎タイプのポケモンにつけないと効果がないので注意。

たっぷりバケツ

たっぷりバケツ

効果
自分の山札から水エネルギーを2枚まで選び、相手に見れて、手札に加える。そして山札を切る。

カードプールに存在する《エネルギー転送》より多い、2枚のエネルギーをサーチできるが、水エネルギー限定となったグッズ。

《エネルギースピナー》と比較しても後攻1ターン目以外は《たっぷりバケツ》の方が優れており、水エネルギーしか採用しないデッキならこちらが優先される。

手札から何枚も水エネルギーをつけられるようになる特性「ひょうせつのまい」を持つ《モスノウ》を非常に相性がいい。

エクストラレギュでは上位互換の《はかせのてがみ》があるので、スタンレギュの水デッキで活躍する一枚となる。

ソニア

ソニア

効果
自分の山札からたねポケモンを2枚まで、または基本エネルギーを2枚まで選び、相手に見せて、手札に加える。そして山札を切る。

スタンレギュでは《ポケモンだいすきクラブ》の完全上位互換。殿堂レギュだと《ハマナのリサーチ》の劣化となる。

「たねポケモン」を2枚までor「基本エネルギー」を2枚までのどちらかをサーチすることができる。

序盤は盤面を整えるためにポケモンをサーチして、終盤はワザを使うために必要なエネルギーをサーチ、など状況に応じた行動ができる。

ただし、「たねポケモン」と「基本エネルギー」1枚ずつみたいなサーチはできないので、注意。

ガラルサニゴーン

ガラルサニゴーン

特性 ほろびのボディ
このポケモンが、バトル場で相手のポケモンからワザのダメージを受けてきぜつしたとき、自分はコインを1回投げる。オモテなら、ワザを使ったポケモンをきぜつさせる。
ワザ 超無 おいつめる 60
次の相手の番、このワザを受けたポケモンは、にげられない。
超タイプ 1進化 HP100
弱点:悪 抵抗:闘 逃げエネ2

バトル場で相手のポケモンからのワザのダメージを受けきぜつしたとき、コインを投げオモテなら、ワザを使ったポケモンをきぜつさせるという恐ろしい運ゲー特性「ほろびのボディ」を持つ。

特性を封じる手段が少ない現在のスタン環境では非常に面倒。

特性自体を封じる以外にも《エーフィ&デオキシスGX》のGXワザ「クロスディヴィジョンGX」のようなダメカンをのせる効果で倒したり、《ガラルサニゴーン》がベンチにいるときに倒したり、《隠密フード》をつけたりなどで、特性の発動を防ぐことができる。

ジュラルドン

ジュラルドン

ワザ 無 メタルシャープナー 30
自分のトラッシュから鋼エネルギーを1枚選び、自分のポケモンにつける。
ワザ 鋼鋼無 パワービーム 110
鋼タイプ たねポケモン HP130
弱点:炎 抵抗:草 逃げエネ2

ワザ「メタルシャープナー」で30ダメージ与えながら、トラッシュからの鋼エネルギー加速ができる。

収録予想カード

ゴリランダー、エースバーン、インテレオンの登場が予想されている。(非Vが2種類既に登場しているので、今回はポケモンVかVMAXか?)

スターターセットVと相性抜群!
草・炎・水タイプを強化!

という商品説明がある。

海外で登場するカード

日本で登場、このパック「VMAXライジング」に収録するかは分かりませんが、海外で公開されたカードをご紹介。

このカードが紹介された海外公式記事はこちら
Pokémon TCG: Galar Partners Tin

ゴリランダーV エースバーンV インテレオンV

※1月15日更新

海外で公開された《ゴリランダーV》《エースバーンV》《インテレオンV》と効果は同じですが、イラスト違いのものが強化拡張パック「VMAXライジング」に収録されました。

恐らく海外もパックには日本と同じものが収録され、記事で紹介されている特殊なボックスにはプロモとしてこのイラストのカードが収録されるのでしょう。

このイラストのカードが日本で収録される予定は今の所ありません。「タッグオールスターズ」みたいなお祭りパックでワンチャンあるのか…?

ガラル御三家キョダイマックスが公開

ゴリランダー(キョダイマックスのすがた)

エースバーン(キョダイマックスのすがた)

インテレオン(キョダイマックスのすがた)

  • ゴリランダー(キョダイマックスのすがた)
  • エースバーン(キョダイマックスのすがた)
  • インテレオン(キョダイマックスのすがた)

御三家のキョダイマックスが1月9日のポケモンダイレクトにて公開されました。

ゲーム本編での登場が6月頃なので、「VMAXライジング」でカード化されるかは微妙なところ。

※1月15日更新

強化拡張パック「VMAXライジング」に収録されるのは、残念ながらキョダイマックスではなく、ダイマックス仕様の御三家でした。

ポケモンカードの発売スケジュール・詳しい情報はこちら

日程 商品名
2019年12月6日 拡張パック「ソード」
2019年12月6日 拡張パック「シールド」
2019年12月6日 プレミアムトレーナーボックス ソード&シールド
2019年12月27日 ザシアン+ザマゼンタBOX
2020年2月7日 強化拡張パック「VMAXライジング」
2020年3月6日 拡張パック「反逆クラッシュ」
2020年3月6日 Vスペシャルセット 反逆クラッシュ
2020年3月27日 スターターセットVMAX リザードン
2020年3月27日 スターターセットVMAX オーロンゲ
ポケカの最新弾情報・拡張パック発売スケジュール

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA